SEOに強いWordPressテーマ

ハワイの鳥

2022年の最新情報! SEOに強いWordPressテーマ選びに迷わない!

「SEOに強いテーマ選びに迷っている」「本当にSEOに強い、WordPressテーマがわからない」というかたへ。

A8アフィリエイトBASEを受講し、WordPressブログを運営する私が、SEOに強い、最新・人気のWordPress無料テーマ・有料テーマのおすすめを比較し、まとめました。

SEO内部対策済みで、SEO設定とSEO対策ができる、レスポンシブの人気 無料テーマ・有料テーマはこれ!

WordPressテーマを決めることができますよ。

この記事を書いた人

・SEOライター / エディター、オウンドメディアコンサルタント
・ウェブの初級資格を保有、PCインストラクター経験が少しあり
・ブログに本気で取り組む、A8アフィリエイトBASE(2020年)で1年間学んだ
・賢威8 WordPress版を選び、挫折しないでブログを完成! 収益も上がっている

SEOに強いWordPressテーマ|1番おすすめ

SEOに強い賢威

ハワイの鳥

SEOの内部対策にとことんこだわる、SEOに強いWordPressテーマは、日本のSEO業界で有名な、松尾 茂起(まつお しげおき)氏監修の賢威(けんい)だよ!

SEOに強い、個人的に1番おすすめのWordPressテーマは、当ブログも使う「賢威(けんい)」です。

アフィリエイト業界で有名な、A8ネットセミナー講師・河井 大志(かわい だいし)氏の著書「SEO対策 検索上位サイトの法則52」を読み、賢威がSEOに強いことを知りました。

「賢威のテンプレートに変更した際に、検索順位が30位から7位までに飛躍した」とのこと。

SEO対策重視のテンプレート「賢威」
「SEO対策だけに特化」したテンプレートが存在します。それが「賢威」というテンプレートです。

賢威は、アフィリエイターの人ならほとんど知っているほど有名なテンプレートです。価格は2万5,000円程度と高額で、テンプレートのデザインの種類も4種類程度しかありません。しかし多くのアフィリエイターに愛用されており、実際、上位表示しているアフィリエイトサイトの多くが賢威を使っています。

弊社で所有していたアフィリエイトサイトも、賢威のテンプレートに変更した際に、検索順位が30位から7位までに飛躍したことがあります。内部構造を見てもGoogleが好む仕様になっているので、テンプレートにとにかくこだわりたいという人にお勧めです。

当ブログは「賢威8WordPress版」を使い、「賢威 評判」など、最も競合多数の商標キーワードで、1位になりました!

迷いましたが、賢威を選んで本当によかったです。賢威のSEO効果については、下記の記事で詳しく紹介しています。

SEOに強い人気のWordPress無料テーマ5つ

1位.COCOON
(コクーン)
2位.LUXERITAS
(ルクセリタス)
3位.LION MEDIA
・BLOG

(ライオンメディア
・ブログ)
4位.STINGER
(スティンガー)
公式 COCOON LUXERITAS LION MEDIA/BLOG STINGER8
推奨度
特徴 無料でも高機能、カスタマイズ性が高い 無料でも高機能、カスタマイズ性が高い、無料で最も高速表示 無料のデザイナーズテーマ 骨組みだけのシンプルなテーマ
SEO SEOの内部対策済みで、SEO設定も可 SEOの内部対策済みで、SEO設定も可 SEOの内部対策済みで、
一部SEO設定も可
SEOの内部対策済み
メリット 無料でも高機能、カスタマイズ性が高い、一部ブログ機能つき、デザイン設定も可 無料でも高機能、カスタマイズ性が高い、ブログ機能つき、デザイン設定も可 無料のデザインテーマ、ブログ機能つき シンプルでカスタマイズ性が高い
デメリット サービス提供停止のリスク、ブログでよく使う、一部の機能がない(開発者への寄付特典) サービス提供停止のリスク、商用のサポートはない、提供元消去に有料購入が必要、マニュアルの情報が少ない サービス提供停止のリスク、更新度が低くセキュリティ上安全ではない、一部カスタマイズ制限あり サービス提供停止のリスク
※現在、配布停止中
おすすめの人 サポートなしで調べて解決できる人、無料テーマを入れてみたい人 商用ではない、趣味ブログを作りたいWordPress経験者 サポートなしで調べて解決できる人、無料テーマを入れてみたい人 サポートなしで調べて解決できる人、一からカスタマイズしたい人
初心者 ※全質問への回答はないので、わからないときやトラブル時に困る × ※全質問への回答はないので、わからないときやトラブル時に困る × ※全質問への回答はないので、わからないときやトラブル時に困る × ※質問不可なので、わからないときやトラブル時に困る
サポート × ※フォーラムはあるが、全質問への回答はない × ※商用サポートなし、全質問への回答はない × ※全質問への回答はない × ※サポートなし
有料機能 ショートコード機能、更新日表示、Q & Aパーツ機能/寄付者特典 提供元消去プラグイン/5,230円
サイト型 ブログ ブログ ブログ・企業メディア ブログ
表示 レスポンシブ(スマホでもきれいに表示) レスポンシブ(スマホでもきれいに表示) レスポンシブ(スマホでもきれいに表示) レスポンシブ(スマホでもきれいに表示)
速度 高速表示 高速表示 高速表示 高速表示
デザイン シンプルなデザイン シンプルなデザイン おしゃれでクールなデザイン シンプルなデザイン
マニュアル ウェブマニュアル ウェブマニュアル ウェブマニュアル ウェブマニュアル
エディタ ブロックエディタ対応、クラシックエディタも使用可 ブロックエディタ対応、クラシックエディタも使用可 ブロックエディタ対応、クラシックエディタも使用可 ブロックエディタ対応、クラシックエディタも使用可

※2022年6月最新

ハワイの鳥

無料でも、SEO内部対策済みのWordPressテンプレートはあるよ!

 

SEOに強い、おすすめの人気WordPress無料テーマをご紹介します。無料でも、SEOの内部対策済みで、SEO設定もできるテーマはあります。

1. COCOON(コクーン)

WordPress無料テーマ(COCOON)出典:COCOON(コクーン)公式サイト

ハワイの鳥

コクーンは、無料でもカスタマイズ性が高い、高機能なWordPressテーマだよ!

「ブログに無料テーマを入れてみたい」というかたには、無料の中でも人気がある、SEOに強いWordPressテーマ「COCOON(コクーン)」もよいと思います。

人気無料テーマ「Simplicity(シンプリシティ)」の後継版。

無料でも、SEOの内部対策済みで、SEO対策の設定もできます。ボタンや吹き出しなど、ブログで使う機能つき。

高速表示・レスポンシブ・関連記事など、SEOでメリットがある機能も揃います。

フォーラムはあるけれど、無料なので、全質問への回答はなし。わからないときやトラブル時に、調べて自分で解決できる人におすすめです。

COCOON(コクーン)/ SEO設定とSEO対策機能

Meta Title設定 サイトタイトルを設定
Meta Description設定 サイト説明を設定
Index/Noindex設定 重複・不要コンテンツ対策、
検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定
Canonical URL設定 重複キーワード対策、検索エンジンに優先記事を伝える
※SEO対策に必要
高速表示 高速でページを表示するので、SEOでメリット
レスポンシブデザイン どの端末でもきれいに表示するので、SEOでメリット
パンくずリスト サイト構造がすぐわかるので、SEOでメリット
関連記事 サイトの回遊率が上がるので、SEOでメリット
SNSシェアボタン SNSでシェアされやすいので、SEOでメリット
AMP対応 モバイル表示の高速化に対応し、SEOでメリット           

無料WordPressテーマ「COCOON(コクーン)」のメリット

  • 無料でも高機能で、カスタマイズ性が高い
  • 無料でも、提供元の表示なしでも使える
  • ボタン・吹き出し・目次など、よく使う機能がついている
  • スキン機能でデザインを設定することもできる

無料WordPressテーマ「COCOON(コクーン)」のデメリット

  • 無料テーマなので、サービス提供停止のリスクがある
  • フォーラムで全質問への回答はないので、わからないときに初心者は困る
  • ショートコード、更新日表示、Q&Aパーツ機能は寄付者特典

無料WordPressテーマ「COCOON(コクーン)」がおすすめの人

  • ブログやサイトを作ってみたい、サポートなしで調べて解決できる人

COCOON(コクーン)/ WordPressテーマの詳細情報

開発 わいひら氏(エンジニア・ブロガー)
おすすめ度
サイト型 ブログ型
表示 日本語
SEO SEOの内部対策済み
カスタマイズ性 高い
表示速度 高速
デザイン シンプルなデザイン
スマホ表示 レスポンシブ(どの端末でもきれいに表示)
AMP(モバイル高速化) 対応可 ※AMPは現段階では使わないほうがよい
ランディングページ 作成可
初心者 ネット上に比較的情報が多く、検索しやすい
サポート フォーラムあり(全質問への回答はない)、カスタマイズ相談(有料)を案内可
使い方・マニュアル ウェブマニュアルあり
ブロックエディタ 対応 ※クラシックエディタも使用可

※2022年5月最新

2. LUXERITAS(ルクセリタス)

WordPress無料テーマ(ルクセリタス)出典:LUXERITAS(ルクセリタス)公式サイト

ハワイの鳥

ルクセリタスは、コクーンにつづいて人気がある、無料のWordPressテーマ!

「ブログを作ってみたい、WordPress経験者」には、SEOに強いWordPressテーマ「LUXERITAS(ルクセリタス)」もおすすめです。

ウェブ制作会社が無料で提供。無料でも、SEOの内部対策済みで、SEO対策の設定もできます。

吹き出し、ブログカード、ショートコードなど、ブログで使う機能つき。高速表示・レスポンシブ・関連記事など、SEOでメリットがある機能も揃っています。

ウェブマニュアルはあるけれど、初期設定からの手順を追った説明はなし。WordPressの経験者には、よいと思います。

LUXERITAS(ルクセリタス)/ SEO設定とSEO対策機能

Meta Title設定 サイトタイトルを設定
Meta Description設定 サイト説明を設定
Index/Noindex設定 重複・不要コンテンツ対策、
検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定
Canonical URL設定 重複キーワード対策、検索エンジンに優先記事を伝える
※SEO対策に必要
高速表示 高速でページを表示するので、SEOでメリット
レスポンシブデザイン どの端末でもきれいに表示するので、SEOでメリット
パンくずリスト サイト構造がすぐわかるので、SEOでメリット
関連記事 サイトの回遊率が上がるので、SEOでメリット
SNSシェアボタン SNSでシェアされやすいので、SEOでメリット
AMP対応 モバイル表示の高速化に対応し、SEOでメリット           

無料WordPressテーマ「LUXERITAS(ルクセリタス)」のメリット

  • 無料でも高機能で、カスタマイズ性が高い
  • 吹き出し、ブログカード、ショートコードなど、よく使う機能がついている
  • 無料でも、デザイン設定の機能がある

無料WordPressテーマ「LUXERITAS(ルクセリタス)」のデメリット

  • 無料テーマなので、サービス提供停止のリスクがある
  • 商用への回答はなし、全質問への回答もないので、わからないときに初心者は困る
  • フッターに提供元の表示があり、消去に有料プラグイン(5,230円)購入が必要
  • ウェブマニュアルはあるが、情報が少なく、WordPress経験者向け

無料WordPressテーマ「LUXERITAS(ルクセリタス)」がおすすめの人

  • 商用ではない趣味ブログやサイトを作ってみたい、WordPress経験者

LUXERITAS(ルクセリタス)/ WordPressテーマの詳細情報

開発 Maiden Web Factory(ウェブ制作会社)
おすすめ度
サイト型 ブログ型
表示 日本語
SEO SEOの内部対策済み
カスタマイズ性 高い
表示速度 高速
デザイン ベーシックなデザイン
スマホ表示 レスポンシブ(どの端末でもきれいに表示)
AMP(モバイル高速化) 対応可 ※AMPは現段階では使わないほうがよい
ランディングページ 作成機能なし
初心者 マニュアルがWordPress経験者向けで、初心者には難しい
サポート コメントで質問可(全質問への回答はない)※商用サポートはない
使い方・マニュアル ウェブマニュアルあり
ブロックエディタ 対応 ※クラシックエディタも使用可

※2022年5月最新

3. LION MEDIA/BLOG(ライオンメディア/ブログ)

WordPress無料テーマ(ライオン1)出典:LION MEDIA(ライオンメディア)公式サイト

ハワイの鳥

クール・モダンな無料のデザイナーズテーマ!

「ブログに無料テーマを入れてみたい」というかたには、SEOに強いWordPressテーマ「LION MEDIA(ライオンメディア)」、「LION BLOG(ライオンブログ)」もおすすめです。

WordPress有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」を販売する、「フィット株式会社」が無料で提供。

SEOの内部対策済みで、一部、SEO対策の設定もできます。

無料でも、ランキングやCTAなど、便利な機能つき。高速表示・レスポンシブ・関連記事など、SEOでメリットがある機能も揃っています。

全質問への回答はないので、調べて自分で解決できる人には、よいと思います。

LION MEDIA/BLOG(ライオン)/ SEO設定とSEO対策機能

Meta Title設定 サイトタイトルを設定
Meta Description設定 サイト説明を設定
Index/Noindex設定 重複・不要コンテンツ対策、
検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定
Canonical URL設定 重複キーワード対策、検索エンジンに優先記事を伝える
※SEO対策に必要
× なし
高速表示 高速でページを表示するので、SEOでメリット
レスポンシブデザイン どの端末でもきれいに表示するので、SEOでメリット
パンくずリスト サイト構造がすぐわかるので、SEOでメリット
関連記事 サイトの回遊率が上がるので、SEOでメリット
SNSシェアボタン SNSでシェアされやすいので、SEOでメリット
AMP対応 モバイル表示の高速化に対応し、SEOでメリット           

無料WordPressテーマ「LION MEDIA/BLOG(ライオン)」のメリット

  • クール・モダンな無料デザイナーズテーマ
  • 無料でも、ランキングなどのCTA(行動喚起)機能も使える
  • SEOで不利となる、フッターの提供元を非表示にすることができる

無料WordPressテーマ「LION MEDIA/BLOG(ライオン)」のデメリット

  • 無料テーマなので、サービス提供停止のリスクがある
  • 更新頻度が低く、セキュリティ上安全ではない
  • 問合せは、全質問への回答はないので、初心者はトラブル時に困る
  • SEO対策「Canonical(カノニカル)設定機能」がない(※重複キーワード対策)
  • 有料と比較し、一部、カスタマイズの制限がある

無料WordPressテーマ「LION MEDIA/BLOG(ライオン)」がおすすめの人

  • ブログやサイトに無料テーマを入れてみたい人
  • サイトを作ってみたい、サポートなしで調べて解決できる人

LION MEDIA/BLOG(ライオン)/ WordPressテーマの詳細情報

開発 フィット株式会社(ウェブ制作・コンサルティング・有料テーマ「THE THOR」制作販売)
おすすめ度
サイト型 ブログ・企業メディア
表示 日本語
SEO SEOの内部対策済み
カスタマイズ性
表示速度 高速
デザイン クール・モダンなデザイン
スマホ表示 レスポンシブ(どの端末でもきれいに表示)
AMP(モバイル高速化) 対応可 ※AMPは現段階では使わないほうがよい
ランディングページ 作成可
初心者 テーマ内の説明がわかりやすいと思う
サポート 問合せ可(全質問への回答はない)、有料カスタマイズ可
使い方・マニュアル ウェブマニュアルあり
ブロックエディタ 対応 ※クラシックエディタも使用可

※2022年5月最新

4. STINGER8(スティンガー)

スティンガー8公式出典:STINGER8(スティンガー)公式サイト

ハワイの鳥

スティンガーは、有料テーマ「アフィンガー」を販売する会社が提供していたよ! 現在、配布停止中。無料テーマは、サービス停止のリスクがあるよ。

「自分で一からカスタマイズできる、無料テーマがいい」というかたには、SEOに強いWordPressテーマ「STINGER8(スティンガー)」もよいと思います。

カスタマイズしやすい、骨組みだけのシンプルなテーマ。無料でも、SEOの内部対策済みです。※現在、配布停止中です。

SEOに強い人気のWordPress有料テーマ4つ

1位.賢威8
(ケンイ)
2位.THE THOR
(ザ・トール)
3位.AFFINGER6
(アフィンガー)
4位.SANGO
(サンゴ)
公式 賢威 THE THOR AFFINGER SANGO
推奨度
価格 ・27,280円 ・16,280円(テーマ&サポートプラン/標準)
・30,140円(らくらくサーバーセットプラン)
・14,800円
・34,800円(計測機能セット)
・11,000円
ブログ費用※ 27,280円
※吹き出し、ブログカード、タグ管理、カード式投稿一覧など、ブログに必要な機能つき
16,280円
※吹き出し、ブログカード、タグ管理、カード式投稿一覧など、ブログに必要な機能つき
48,360円
※14,800円/テーマ、吹き出し/2,980円、ブログカード/3,800円、タグ管理(広告管理)/21,800円「タグ管理マネージャー」で可、カード式投稿一覧/4,980円「JET2(有料子テーマ)」で可=合計48,360円
11,000円
※吹き出し、ブログカード、カード式投稿一覧など、ブログに必要な機能つき
※アフィリエイトに必要なタグ管理機能はなし
特徴 SEOに特化しSEOに強い、SEO基礎も学べる、初心者も安心のプロによる充実サポート おしゃれなデザイナーズテーマ、サイト改善のための計測機能つきでお得、設定代行プランあり サイト改善のための有料アフィリエイト機能が揃う シンプルで見やすく、ここちよいデザイン
メリット SEOに強く検索上位を目指しやすい、SEO基礎も学べる、SEOフォーラムで正しいSEO情報を教えてもらえる、プロによるフォーラム回答で疑問もすぐに解決し困らない 計測機能つきでお得、デザイン着せ替え機能あり、設定代行プランあり サイト改善のための有料機能が揃う(アフィリエイト中上級者に便利) 見出しやボタンなどが30種類以上、選んで使える
デメリット 価格が高め(ブログ・アフィリエイト・EC/企業サイトでよく使う機能と、無料サポートがつくので、実は安い) SEO(重複キーワード対策)に便利なカノニカル設定機能がない、人気セキュリティプラグイン「SiteGuard WP Plugin」使用時の不具合報告あり/ほかを使うとよい サポートがないので、初心者はわからないときに困る、アフィリエイト機能の多くが有料で費用がかかる サポートがないので、初心者はわからないときに困る、タグ管理(広告などの管理)機能がない
おすすめの人 ・SEOを学び、検索上位で収益を上げたい人
・WordPressやブログの初心者
・おしゃれなブログやサイトを作りたい人
・費用をおさえて、計測機能でサイトを改善したい人
・有料の計測機能でサイトを改善したい、アフィリエイト中上級者 ・サルワカ風のかわいいブログを作りたい人
初心者 ※初心者・WordPress・SEOフォーラムで、プロに回答してもらえるので、作成・運営に困らない ※設定代行プランも選べる × ※サポートがないので、初心者はトラブルやわからないときに困る、機能や設定が多く難しい × ※サポートがないので、初心者はトラブルやわからないときに困る
サポート ※プロに回答してもらえるサポートフォーラムで、疑問もすぐに解決 ※利用者同士で助け合える会員フォーラムあり、インストール時のメールサポートつき × ※なし × ※なし
機能 ボタン、目次作成、吹き出し、ランキング、人気記事、ブログカード、タグ管理(広告など、よく使うコードの一括管理)、カード式投稿一覧、商品ボックス、子テーマなど、ブログに必要な機能つき ボタン、目次作成、吹き出し、ランキング、人気記事、ブログカード、タグ管理(広告など、よく使うコードの一括管理)、カード式投稿一覧、商品ボックス、子テーマなど、ブログに必要な機能つき、サイト改善の計測機能もつく ボタン、ランキング、子テーマ ※人気記事、商品ボックスの機能はなし
※ブログに必要な機能の多くが有料(下記)
ボタン、目次作成、吹き出し、人気記事、ブログカード、カード式投稿一覧、商品ボックス、子テーマなど、ブログに必要な機能つき
※タグ管理、ランキングの機能はなし
主な有料機能 なし なし ※吹き出し/2,980円、ブログカード/3,800円、タグ管理(広告など、よく使うコードの一括管理)/21,800円「タグ管理マネージャー」で可、カード式投稿一覧/4,980円「JET2(有料子テーマ)」で可
<サイト改善のための機能例>
クリック計測/21,800円、目次計測/5,980円、ログ解析/12,000円など
なし
複数利用 購入者のサイトなら、複数サイトで使い回し可(無制限) 複数サイトで使い回し可(無制限) 購入者のサイトなら、複数サイトで使い回し可(無制限) ※ダウンロード期間あり 購入者のサイトなら、複数サイトで使い回し可(無制限)
更新 SEOテンプレートの更新が無料
※時代のSEOに合う、最新テーマをずっと使える
テンプレートの更新が無料 有料、無料も可だが保証はない テンプレートの更新が無料
サイト型 万能型(企業サイト・EC/通販サイト・ブログ・アフィリエイト) 万能型(企業サイト・EC/通販サイト・ブログ・アフィリエイト) ブログ・アフィリエイト ブログ・アフィリエイト
表示 レスポンシブ(スマホでもきれいに表示) レスポンシブ(スマホでもきれいに表示) レスポンシブ(スマホでもきれいに表示) レスポンシブ(スマホでもきれいに表示)
SEO SEOの内部対策済みで、SEOに強い SEOの内部対策済みで、SEOに強い SEOの内部対策済みで、SEOに強い SEOの内部対策済みで、SEOに強い
速度 高速表示 高速表示 高速表示 高速表示
特典 SEOマニュアル、コンテンツ制作マニュアルほか ※日本のSEO業界で有名な、松尾茂起氏によるSEOマニュアル なし すごいもくじライト(目次作成機能)、WordPressで作る記事作成ガイド なし
デザイン シンプルなデザイン
※カスタマイズ性が高い
おしゃれなデザイン
※カスタマイズ性が高い
おしゃれなデザイン
※カスタマイズ性が高い
シンプルなデザイン
※カスタマイズ性が高い
マニュアル 動画マニュアル、ウェブマニュアル ウェブマニュアル ウェブマニュアル ウェブマニュアル
エディタ ブロックエディタ対応、クラシックエディタも使用可 ブロックエディタ対応、クラシックエディタも使用可
※クラシックエディタ推奨
ブロックエディタ対応、クラシックエディタも使用可 ブロックエディタ対応、クラシックエディタも使用可
公式 賢威 THE THOR AFFINGER SANGO

※ブログ費用:ブログ・アフィリエイトでよく使う、必要機能を揃えた場合の費用
※2022年6月最新

ハワイの鳥

どれを選んでも間違いなし! 1番のおすすめテーマは賢威。

SEOに強い、最新の有料WordPressテーマを、比較表にまとめました。

SEOに強いテンプレート選びでチェックしたい、下記の3つのポイントを満たす、おすすめのテーマです。 

  • SEOの内部対策済み。検索エンジンが好む構造になっているので、SEOに強い
  • 簡単な設定でSEO対策ができるので、SEOに強くなる
  • SEOに有利な機能を使えるので、SEOに強くなる

1. 賢威8(ケンイ)

賢威(公式サイト)

出典:賢威8&7.1 – 信頼と実績のSEOテンプレート 公式サイト

ハワイの鳥

賢威の最大のメリットは、SEOにとことんこだわる内部構造で、検索上位を目指しやすいこと!

「SEOで検索上位にし、収益を上げたい」「WordPress初心者でブログを始めたい」というかたには、SEOに強いWordPressテーマ「賢威」が1番おすすめです。

上位表示のためには、SEOに強いWordPressテーマを使い、かつ、SEOライティング・構成でコンテンツを作ることが必須。

賢威なら、SEO業界で有名な、松尾 茂起(まつお しげおき)氏による「SEOマニュアル」「コンテンツ制作マニュアル」で、SEOに強いコンテンツの作り方のポイントも学べます。

賢威の監修者は、松尾 茂起氏。SEO/Webライティングのベストセラー「沈黙のWebライティング 」の著者としても有名です。

WordPressテーマの中で、サポートが最も充実しているのも、賢威がおすすめの理由。

「SEOフォーラム」「WordPressフォーラム」「初心者フォーラム」で、わからないこともプロの回答で教えてもらい、すぐに解決できました。

初めてのWordPressブログ作りは、PCインストラクター経験がある私も、わからないことだらけでした。

賢威を選んでいなかったら、調べても解決せずに、途方にくれて、挫折していたと思います。

悩まずにサイトを作り、検索上位を目指すなら、賢威に決まり!

賢威のメリット・デメリット・SEO効果や口コミなどについては、下記の記事で詳しく紹介しています。

賢威 / SEO設定とSEO対策機能

Meta Title設定 サイトタイトルを設定
Meta Description設定 サイト説明を設定
Index/Noindex設定 重複・不要コンテンツ対策、
検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定
Canonical URL設定 重複キーワード対策、検索エンジンに優先記事を伝える
※SEO対策に必要
高速表示 高速でページを表示するので、SEOでメリット
レスポンシブデザイン どの端末でもきれいに表示するので、SEOでメリット
パンくずリスト サイト構造がすぐわかるので、SEOでメリット
関連記事 サイトの回遊率が上がるので、SEOでメリット
SNSシェアボタン SNSでシェアされやすいので、SEOでメリット
AMP対応 モバイル表示の高速化に対応し、SEOでメリット ※プラグインで対応可

WordPressテーマ「賢威」のメリット

  • SEO内部対策にこだわり、SEOに強いので、検索上位を目指しやすい
  • フォーラムで、プロにサポートしてもらえるので、疑問もすぐに解決し困らない
  • 正しいSEO情報を、SEOフォーラムでプロに教えてもらえるので、運営に迷わない
  • SEO基礎とSEOに強いコンテンツの作り方のポイントも学べるので、SEOに強くなる
  • シンプルでカスタマイズ性が高いので、オリジナル・サイトを作りやすい
  • 吹き出し、タグ管理(広告管理)、CTA(行動喚起)など、必要機能がつき実はお得

WordPressテーマ「賢威」のデメリット

  • 価格が高い必要機能つき、プロによる無料サポートつきなので、実はかなり安い

WordPressテーマ「賢威」がおすすめの人

  • SEOも学び、検索上位で収益を上げたい人(ブログ・企業サイト・EC/通販サイト)
  • 企業サイト・アフィリエイトサイト・ブログを悩まずに作りたい、WordPress初心者
  • SEO担当のウェブデザイナー、ディレクター
  • ほかのテーマを使い、使い方がわからずに挫折している初心者

賢威 / WordPressテーマの詳細情報

監修・開発 SEO業界で有名な松尾 茂起氏/株式会社ウェブライダー
販売会社 株式会社ウェブライダー(ウェブ制作・SEOコンサルティング会社)
おすすめ度 5.5
値段税込 27,280円
購入特典 SEOマニュアル、コンテンツ制作マニュアル、サポートフォーラム利用ほか
サイト型 万能型(企業サイト・EC/通販サイト・ブログ・アフィリエイト)
表示 日本語
SEO SEOに強い、SEO内部対策済み
カスタマイズ性 高い、設定で簡単カスタマイズ
表示速度 高速
デザイン シンプルなデザイン ※カスタマイズしやすい
スマホ表示 レスポンシブ(どの端末でもきれいに表示)
AMP(モバイル高速化) プラグインで対応可 ※AMPは現段階では使わないほうがよい AMPを使わない理由
ランディングページ 賢威7(プラグインで作成可)、賢威8(カスタマイズで作成可)
初心者 正しいSEO情報とWordPressを学び、サイトを作成・運営できる
サポート 無料サポートが充実。プロによるフォーラム回答で、サイト作成に困らない
使い方・マニュアル ウェブマニュアル、動画マニュアル、SEOマニュアル、コンテンツ制作マニュアル
ブロックエディタ 対応 ※クラシックエディタも使用可
複数利用 購入者のサイトなら、複数サイトで使い回し可(無制限)、賢威7・8の両方を使用可
アップデート SEOテンプレートの更新が無料、時代のSEOに合う、最新テーマをずっと使える

※2022年6月最新

2. THE THOR(ザ・トール)

WordPress有料テーマ(トール公式サイト)出典:THE THOR 公式サイト

ハワイの鳥

クリック計測機能もついてお得な、SEOに強いデザイナーズテーマ!

「クール・モダンなデザインのブログにしたい」「初期設定を代行してもらいたい」かたには、SEOに強いWordPressテーマ「THE THOR」もよいと思います。

クリック計測機能がついた、お得なWordPressテーマです。

SEOの内部対策済みで、一部、SEO設定機能つき。高速表示・レスポンシブ・関連記事など、SEOでメリットがある機能も揃います。

「費用をおさえて、計測機能でブログを改善したい」かたにもおすすめです。

THE THOR(ザ・トール)/ SEO設定とSEO対策機能

Meta Title設定 サイトタイトルを設定
Meta Description設定 サイト説明を設定
Index/Noindex設定 重複・不要コンテンツ対策、
検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定
× なし
Canonical URL設定 重複キーワード対策、検索エンジンに優先記事を伝える
※SEO対策に必要
× なし
高速表示 高速でページを表示するので、SEOでメリット
レスポンシブデザイン どの端末でもきれいに表示するので、SEOでメリット
パンくずリスト サイト構造がすぐわかるので、SEOでメリット
関連記事 サイトの回遊率が上がるので、SEOでメリット
SNSシェアボタン SNSでシェアされやすいので、SEOでメリット
AMP対応 モバイル表示の高速化に対応し、SEOでメリット           

WordPressテーマ「THE THOR」のメリット

  • おしゃれなデザイナーズテーマ、着せ替え機能を使ったデザイン設定もできる
  • 必要機能のほか、サイト改善のための計測機能もついてお得
  • インストール時のメールサポートつき。初期設定の代行プランも選べて安心
  • カスタマイズ性が高いので、オリジナル・サイトを作りやすい

WordPressテーマ「THE THOR」のデメリット

  • 会員フォーラムはあるが、利用者同士の助け合いの場
  • Canonical(カノニカル)設定機能(SEO重複キーワード対策)がない ※
  • セキュリティプラグイン「SiteGuard WP Plugin」使用時のエラー報告あり/ほかを使うとよい

ハワイの鳥

※ 記事が検索エンジンに重複キーワードと判断されて、検索に表示されないことがある。カノニカル設定で、優先してほしい記事を伝えると、解決することもあるよ。

WordPressテーマ「THE THOR」がおすすめの人

  • おしゃれなブログや企業サイトを作りたい人
  • 費用をおさえて計測機能を使い、サイトを改善したい人

THE THOR(ザ・トール)/ WordPressテーマの詳細情報

監修・開発 フィット株式会社
販売会社 フィット株式会社(SEOコンサルティング会社)
おすすめ度 4.0
値段税込 16,280円(テーマ&サポートプラン/標準)
30,140円(らくらくサーバーセットプラン)
購入特典 なし
サイト型 万能型(企業サイト・EC/通販サイト・ブログ・アフィリエイト)
表示 日本語
SEO SEOに強い、SEO内部対策済み
カスタマイズ性 高い、設定で簡単カスタマイズ
表示速度 高速
デザイン おしゃれなデザイン
スマホ表示 レスポンシブ(どの端末でもきれいに表示)
AMP(モバイル高速化) 対応可 ※AMPは現段階では使わないほうがよい AMPを使わない理由
ランディングページ 作成可
初心者 初期設定までの代行がつく「らくらくサーバーセットプラン」も選べる
サポート インストール時のメールサポートつき、利用者同士で助け合える会員フォーラムがあり
使い方・マニュアル 操作マニュアルサイトあり
ブロックエディタ 対応 ※クラシックエディタも使用可、クラシックエディタ推奨
複数利用 複数サイトで使い回し可(無制限)
アップデート 無料

※2022年6月最新

3. AFFINGER(アフィンガー)

アフィンガー公式サイト出典:AFFINGER 公式サイト

ハワイの鳥

AFFINGERは、計測機能など、アフィリエイトサイト改善のための有料機能が揃っているよ!

「売上があり、計測機能でアフィリエイトサイトを改善したい」かたには、SEOに強いWordPressテーマ「AFFINGER」もよいと思います。

アフィリエイトに特化し、サイト改善の計測機能プラグイン「タグ管理マネージャー/21,800円」など、有料アフィリエイト機能が揃います。

SEOの内部対策済みで、SEO設定機能つき。高速表示・レスポンシブ・関連記事など、SEOでメリットがある機能もついています。

「サイトを改善して、売上を伸ばしたい」アフィリエイト中上級者におすすめです。

AFFINGER(アフィンガー)/ SEO設定とSEO対策機能

Meta Title設定 サイトタイトルを設定
Meta Description設定 サイト説明を設定
Index/Noindex設定 重複・不要コンテンツ対策、
検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定
Canonical URL設定 重複キーワード対策、検索エンジンに優先記事を伝える
※SEO対策に必要
高速表示 高速でページを表示するので、SEOでメリット
レスポンシブデザイン どの端末でもきれいに表示するので、SEOでメリット
パンくずリスト サイト構造がすぐわかるので、SEOでメリット
関連記事 サイトの回遊率が上がるので、SEOでメリット
SNSシェアボタン SNSでシェアされやすいので、SEOでメリット
AMP対応 モバイル表示の高速化に対応し、SEOでメリット ○         

WordPressテーマ「AFFINGER」のメリット

  • アフィリエイトサイト改善のための、有料機能プラグインが揃っている
  • 「デザイン済みデータ」を使い、デザインを設定することもできる

WordPressテーマ「AFFINGER」のデメリット

  • ブログ・アフィリエイトでよく使う、機能の多くが有料で高くなる ※下記を参照
  • タグ管理(広告管理)機能も、有料プラグインを購入しないと使えない
  • サポートがないので、初心者はわからないときやトラブル時に困る
  • 機能と設定が多く、初心者には難しい(ツイッターの口コミより)

ハワイの鳥

※アフィンガー6の「有料アフィリエイト機能」を、下記の記事で詳しく紹介! 賢威とザ・トールにはついている、ブログでよく使う機能を揃えると、アフィンガーは48,360円になるよ。

WordPressテーマ「AFFINGER」がおすすめの人

  • 有料の計測機能を使い、サイトを改善したい、アフィリエイト中上級者
  • WordPress経験者で、アフィリエイトサイトを作りたい人

AFFINGER(アフィンガー)/ WordPressテーマの詳細情報

監修・開発 アフィリエイター/株式会社オンスピード
販売会社 株式会社オンスピード
おすすめ度
値段税込 14,800円
34,800円(分析機能つき)
※吹き出し&ブログカード機能は別途有料6,780円
購入特典 すごいもくじライト(期間限定:目次作成プラグイン)
サイト型 ブログ型(アフィリエイト・ブログ)
表示 日本語
SEO SEO内部対策済み
カスタマイズ性 高い、設定で簡単カスタマイズ
表示速度 高速
デザイン モダンなデザイン
スマホ表示 レスポンシブ(どの端末でもきれいに表示)
AMP(モバイル高速化) 対応可 ※AMPは現段階では使わないほうがよい AMPを使わない理由
ランディングページ 作成可
初心者 サポートがないので、初心者はわからないときに困る
サポート なし(公式に明記)
使い方・マニュアル ウェブマニュアルあり
ブロックエディタ 対応 ※クラシックエディタも使用可
複数利用 購入者のサイトなら、複数サイトで使い回し可(無制限) ※ダウンロードは購入より7日間、7回のみ可
アップデート 有料、無料も可だが保証はない

※2022年6月最新

4. SANGO(サンゴ)

WordPress有料テーマ(SANGO公式サイト)出典:SANGO 公式サイト

ハワイの鳥

人気ブログ「サルワカ」風のここちよいデザイン! 人気ブログのSEOノウハウも詰め込まれているよ。

「サルワカ風のデザインが好き」というかたには、SEOに強いWordPressテーマ「SANGO(サンゴ)」もよいと思います。

人気ブログ「サルワカ」の運営者が、SEOなどのノウハウを詰め込み開発。「居心地のよさ」を追求した、シンプルでここちよいデザインのテーマです。

SEOの内部対策済みで、SEO設定機能つき。高速表示・レスポンシブ・関連記事など、SEOでメリットがある機能も揃っています。

「サルワカ風のかわいいデザインが好き」というかたにおすすめです。

SANGO(サンゴ)/ SEO設定とSEO対策機能

Meta Title設定 サイトタイトルを設定
Meta Description設定 サイト説明を設定
Index/Noindex設定 重複・不要コンテンツ対策、
検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定
Canonical URL設定 重複キーワード対策、検索エンジンに優先記事を伝える
※SEO対策に必要
高速表示 高速でページを表示するので、SEOでメリット
レスポンシブデザイン どの端末でもきれいに表示するので、SEOでメリット
パンくずリスト サイト構造がすぐわかるので、SEOでメリット
関連記事 サイトの回遊率が上がるので、SEOでメリット
SNSシェアボタン SNSでシェアされやすいので、SEOでメリット
AMP対応 モバイル表示の高速化に対応し、SEOでメリット ※プラグインで対応可

WordPressテーマ「SANGO」のメリット

  • 人気ブログ「サルワカ」風の見やすくここちよいデザイン
  • 見出しやボタンは30種類以上、好みのデザインパーツを選んで使える
  • 吹き出し、ブログカード、アニメーションなど、一部の機能つき

WordPressテーマ「SANGO」のデメリット

  • サポートがないので、初心者はわからないときやトラブル時に困る
  • アフィリエイトで使う、タグ管理機能(広告など、よく使うコードの管理)がない
  • アフィリエイトでよく使う、ランキング機能がついていない
  • 利用者は似た雰囲気のブログになる(色の変更は可)

WordPressテーマ「SANGO」がおすすめの人

  • サルワカ風のシンプルでかわいいデザインが好きな人
  • ブログを作りたい、サポートなしで調べて解決できる人

SANGO(サンゴ)/ WordPressテーマの詳細情報

監修・開発 Webメディア「サルワカ」運営者
販売者 Webメディア「サルワカ」運営者
おすすめ度
値段税込 11,000円
購入特典 なし
サイト型 ブログ型(ブログ・アフィリエイト)
表示 日本語
SEO SEOの内部対策済み
カスタマイズ性 中、設定で簡単カスタマイズ
表示速度 高速
デザイン シンプルなデザイン
スマホ表示 レスポンシブ(どの端末でもきれいに表示)
AMP(モバイル高速化) プラグインで対応可 ※AMPは現段階では使わないほうがよい AMPを使わない理由
ランディングページ なし
初心者 サポートがないので、初心者はわからないときに困る
サポート なし ※サルワカに質問をコメントで投稿し、「よくある質問」に回答をもらえる場合もある(すべての質問への回答はなし)
使い方・マニュアル ウェブマニュアルあり
ブロックエディタ 対応 ※クラシックエディタも使用可
複数利用 購入者のサイトなら、複数サイトで使い回し可(無制限)
アップデート 更新時の無料配布あり

※2022年6月最新

SEOに強いテンプレートの選び方

SEOイメージ

ハワイの鳥

SEOの内部対策済みで、簡単にSEO対策できて、SEOでメリットがある機能がついた、テンプレートを選ぼう!

SEOとは、検索上位になるための施策のこと。次の3つの条件を満たすのが、「SEOに強いテーマ」と言えます。

  1. SEOの内部対策済み
  2. 設定でSEO対策ができる
  3. SEOにメリットがある機能がついている

SEOに強いテーマを選ぶことは重要!

読者が求める内容の記事を書き、かつ、SEOに強いテーマを使うことで、検索エンジンで上位表示しやすくなります。

1. SEOの内部対策済み

SEOの内部対策済みのテーマを選びましょう。

検索エンジンが好まない構造のテンプレートを使っていると、よい記事を書いても、検索上位になりにくく、SEOで不利になります。

2. 設定でSEO対策ができる

  • メタ タイトル(Meta Title)
    ブログや記事のタイトルを設定できる:キーワードを含めて設定、SEOでメリット
  • メタ ディスクリプション(Meta Description)
    ブログ・サイトの説明を設定できる:キーワードを含めて設定、SEOでメリット
  • インデックス(Index/Noindex)
    検索エンジンにインデックスさせる・させないを設定できる
  • カノニカル(Canonical URL)
    検索エンジンに優先ページを伝えられる:重複ページと認識されず、SEOでメリット

設定でSEO対策できるテーマを選びましょう。

たとえば、「メタ ディスクリプション(サイト説明)」を設定できると、上位表示したいキーワードを含めた文を設定することで、SEOで有利になります。

3. SEOにメリットがある機能がついている

  • 高速表示の機能:ページを高速で読み込み、表示が速いので、SEOでメリット
  • レスポンシブWebデザイン:スマホなどどの端末でもきれいに表示し、SEOでメリット
  • パンくずリスト:ブログ・サイトの構造がわかりやすいので、SEOでメリット
  • 関連記事の機能:ブログ・サイトを回遊して見てもらえるので、SEOでメリット
  • SNSシェアボタン機能:SNSでシェアされるので、SEOでメリット

SEOにメリットがある機能がついたテーマを選びましょう。たとえば、高速機能があると、サイトのページ表示が高速になり、SEOで有利になります。

無料テーマと有料テーマの違い

WordPress有料テーマ WordPress無料テーマ
価格 15,000円〜30,000円程度 無料
サポート テーマによる。プロによるフォーラム回答など、充実するテーマもあり 質問は可でも、無料なので全質問への回答はない。商用へのサポートがない場合も。
※わからないときやトラブル時に、
初心者は困る
マニュアル ウェブマニュアルや動画マニュアルなど、充実している場合が多い ウェブマニュアルはあるが情報が少なく、WordPress経験者向けの場合も
更新頻度 更新度が高く、セキュリティ上安全 更新度が低いテーマもあり、セキュリティ上安全ではない
機能 機能が豊富で、使いやすい 一部機能が有料の場合もある
カスタマイズ性 カスタマイズ性が高く、カスタマイズしやすいので、イメージどおりのサイトを作りやすい カスタマイズの制限がある場合も
カスタマイズ方法 ウェブの専門知識がない初心者も、設定でカスタマイズできる 一部、設定でカスタマイズできず、有料カスタマイズが必要になるテーマも
デザイン デザイン性が高く、スタイリッシュなサイトを作れる 有料と比較すると、デザイン性が低い
提供元の表示 SEOでデメリットとなる、サイト下部の提供元の表示はない 提供元の表示があり、有料プラグインで非表示にできる場合も
提供停止のリスク サービス停止のリスクはほぼない サービス停止のリスクがある
※停止後、更新がなくなり、セキュリティ上安全ではない

ハワイの鳥

WordPressの無料テーマには、デメリットもあるよ! ビジネスで長期運営するなら、有料テーマを選ぶと後悔しない。

有料テーマと無料テーマの違いを比較し、比較表にまとめました。

有料テーマの1番のメリットは、サービス停止のリスクがほぼないこと。サイトを安全に長期で運営できます。

有料テーマと無料テーマの違いについては、下記の記事で詳しく解説しています。

ハワイの鳥

有料テーマをはじめから選ぶと、悩まない! 更新頻度が高く、セキュリティ上安全。サービス停止のリスクもなし! SEOで不利となる、サイト下部の提供元表示もなし。

「SEOに強い、WordPress有料テーマと無料テーマの、どっちにしようか迷っている」というかたへ。

WordPress有料テーマ・無料テーマの違いがわかるように、比較表にまとめました。

SEOに強い、機能豊富でカスタマイズ性が高い無料テーマもありますが、ビジネスやアフィリエイトで長期で運営するなら、WordPress有料テーマ。

あとで有料テーマに変えることもできますが、デザインや設定の修正は、一からやり直しに近い、たいへんな作業です。最初から、有料テーマで作成することをおすすめします。

SEOに強いWordPressテーマだけでは上位表示しない

SEO学習イメージ

ハワイの鳥

正しい情報を学んでサイトを運営すると、迷わない、悩まない、後悔しない!

SEOに強いWordPressテーマを使うだけでは、上位表示しません。

SEOに強いWordPressテーマを使い、かつ、SEOに強いコンテンツをSEOライティングで作成することで、検索上位を目指せます。

上位表示のためには、SEOを学ぶことが必須です。

賢威なら、「SEOマニュアル」「コンテンツ制作マニュアル」で、SEO基礎とSEOに強いコンテンツの作り方のポイントも学ぶことができます。

特に、ブログア・フィリエイトは、「ブログを作れない、記事を書けない、上位表示しない」などの理由で、多くの人が挫折します。

SEOテンプレート「賢威」を使い、「賢威SEOマニュアル」「賢威コンテンツ制作マニュアル」でSEO基礎を学び、

沈黙のWebライティング /松尾茂起 著」、「A8ネットのセミナーとA8キャンパス」で、正しいSEO記事の作り方を知るのが、検索上位の近道だと実感しています。

まとめ

賢威(公式サイト)

出典:賢威8&7.1 – 信頼と実績のSEOテンプレート 公式サイト

ハワイの鳥

SEOで1番大事なのは、読者が求める良質の記事! SEOに強いWordPressテーマを使い、SEOに強いコンテンツを作ると、上位表示しやすい。賢威はSEOの基礎も学べるよ。

SEOに強い、おすすめのWordPressテーマをご紹介しました。

ブログ・アフィリエイトや企業サイト・EC/通販サイトで最も重要なのは、検索上位になること。

当ブログは、SEOテンプレート「賢威(けんい)」を使い、例)賢威 評判 など、競合が最も多い、商標キーワードで、1位になりました。

賢威を使うと、記事作成に専念できるので、後悔しない!

個人的に1番おすすめのWordPressテーマです。

賢威8(WordPress版・html版)

賢威8

賢威8は、カスタマイズ性が高い、SEOテンプレート。WordPress版では、ブロックエディタも使えます。

スマホでもパソコンでも、画面をきれいに見られる、レスポンシブWebデザイン。

賢威は、ブログ・アフィリエイト・企業サイトに適しています。当ブログは、賢威で作ったサイトです。

評価 詳細 価格
5.5 SEOテンプレート 27,280円(税込)
SEO効果 初心者 サポート
上位表示を
目指しやすい
わかりやすい設定
学んで使える
プロの回答で
疑問もすぐに解決
複数サイト アップデート カスタマイズ前
購入者は複数利用可 最新版への更新が無料 賢威8のデモサイト


あわせて読みたい記事

「賢威って正直なところどう?」というかたは、こちらをチェック! 賢威のメリット・デメリットをまとめました。

賢威を選んで、本当によかった! よかった理由をランキング! 賢威に決めていなかったら、挫折していたかもしれません。

賢威8 WordPress版を使った、ブログの始め方・作り方を、初心者向けに完全図解しました。

1番簡単なWordPressの始め方! エックスサーバーのクイックスタートを図解しました。