WordPressのテーマイメージ

ハワイの鳥

自分に合った、WordPressテーマの選び方もチェック!

「WordPressのテーマとは?」「選び方・調べ方も知りたい」というかたへ。

WordPressのテーマとは、デザインや機能がセットになった、WordPressのテンプレートです。

テーマの調べ方と選び方無料テーマ・有料テーマの違いも解説します。

この記事を書いた人

・ウェブの初級資格を保有、PCインストラクター経験が少しあり
・ブログに本気で取り組む、A8アフィリエイトBASE(2020年)を1年間受講し学んだ
・賢威8 WordPress版を選び、挫折しないでブログを作成できた

WordPressのテーマとは

WordPressのテーマイメージ

ハワイの鳥

テーマの変更で、サイトのデザインを変えることができるよ! 無料と有料のテーマがあるよ。

WordPressのテーマとは、ウェブのデザインや機能がセットになった、WordPressのテンプレート。

ウェブの専門知識がない初心者も、テーマの設定で、プロが作ったようなスタイリッシュなサイトを簡単に作成できます。

WordPressのテーマを調べるには

公式WordPressテーマ(検索1)

公式WordPressテーマ(検索2)

WordPressのテーマを調べる方法は、次の2つです。図のように、WordPressの画面で検索し、「WordPress公式テーマ」を探すことができます。

  1. WordPressで公式テーマを検索する
  2. 検索エンジンでテーマを検索する
ポイント
WordPress公式テーマとは、テキストの翻訳対応など、指定項目の基準を満たしたテーマ。公式テーマは海外産がメインで、英語がわからないと使いにくい。ほぼ公式登録はされていないが、使いやすいので、日本語の人気有名テーマが、個人的にはおすすめ。

テーマの調べ方・検索イメージ

日本語の人気有名テーマを調べるには、GoogleやYahooなどの検索エンジンを使います。

検索窓に、「WordPress テーマ 人気」「WordPress テーマ 日本語」など、希望を入れて検索し、記事をチェック!

WordPressテーマの選び方

WordPressテーマの探し方イメージ

WordPressテーマの選び方のポイントは、次の7つです。1番のポイントは、「SEOの内部対策済み・表示速度が速い・日本語か」。

日本語の人気有名テーマは、7つのチェックポイントをクリアしている場合が多く、安心ですよ!

SEO対策済み・日本語の人気おすすめテーマを、下記の記事で詳しく紹介しました。参考にしてみてください。※編集中です。お待ちください。

  1. SEOの内部対策済み・表示速度が速い・日本語のテーマか(1番大事)
  2. マニュアルとサポートが充実した、初心者も使えるテーマか
  3. ブロックエディタを使いたい場合は、ブロックエディタ対応で使いやすいか
  4. 使いたい機能があるか(吹き出し、ボタンリンク、ブログカードなど)
  5. カスタマイズ性が高く、簡単にカスタマイズできるか
  6. デザインが好みか、レスポンシブデザインか
  7. 複数サイトで使えるか

無料テーマと有料テーマの違い

無料テーマ
有料テーマ
費用 無料だが、カスタマイズ相談が有料の場合が多い 15,000円〜30,000円程度で購入可
デザイン性 低い、ベーシックが多い 高い、スタイリッシュ
カスタマイズ性 レイアウトが決まっているなど、低い場合が多い 高い
SEOの内部対策 SEO内部対策なしのテーマもあるので注意 SEO内部対策済みのテーマが多い
機能性 低い場合が多いが、高機能もあり 高い
アップデート(更新) 更新頻度が少ない 定期更新あり
サポート なし、またはカスタマイズ相談は有料が多い 無料サポートつきもある
マニュアル なし、またはわかりにくい場合もある あり
ブロックエディタ 非対応の場合もある 対応

ハワイの鳥

テーマの変更は修正がたいへん! 最初から、レイアウトの制限がなく、機能が高くて使いやすい、有料テーマでサイトを開設したほうが楽だよ。

無料テーマと有料テーマの違いをチェック!

詳しく調べてみると、無料テーマは無料で使えるメリットがあるいっぽうで、カスタマイズ相談が別途有料の場合が多いことがわかりました。

無料テーマ・有料テーマのメリット・デメリットも調査してみました。

無料テーマのメリット・デメリット

無料テーマのメリット

  • 無料で使える

無料テーマのデメリット

  • アップデート(更新)の頻度が低い場合もあり、セキュリティ上注意が必要
  • サポートが充実しておらず、カスタマイズ相談は有料の場合も多い
  • ブロックエディタ非対応も多い
  • デザイン性・カスタマイズ性が低く、レイアウトに制限がある場合が多い
  • 機能が少ない場合が多い
  • SEOの内部対策がされていないこともあるので注意

有料テーマのメリット・デメリット

有料テーマのメリット

  • SEOの内部対策済みの場合が多い
  • デザイン性が高く、レイアウトの自由度が高い
  • 簡単にカスタマイズでき、カスタマイズ性も高い
  • 機能が豊富で、プラグインを多く入れなくてすむ
  • アップデート(更新)が定期的にあり、セキュリティ上安心
  • サポートつきが多く、トラブル時に初心者も安心
  • マニュアルが充実し、わかりやすい場合が多い

有料テーマのデメリット

  • 購入費用がかかる(15,000円〜30,000円程度)

まとめ

WordPressのテーマ調査イメージ

ハワイの鳥

WordPressのテーマとは、デザインと機能がついたテンプレート!

WordPressのテーマとは何かを、解説しました。テーマの調べ方・選び方と、無料テーマ・有料テーマの違いもご紹介!

個人的には、WordPressテーマは、賢威が1番おすすめです。

WordPressの人気おすすめテーマ(無料と有料)をまとめた、下記の記事も参考にしてみてください。※編集中です。お待ちください。

あわせて読みたい記事

「賢威って正直なところどう?」というかたは、こちらをチェック!

私が「賢威を選んで本当によかった」と思った理由です。

賢威8 WordPress版を使ったブログの始め方・作り方を、初心者向けに完全図解しました。