エックスサーバー(キャンペーン詳細)

出典:Xserver(エックスサーバー)公式サイト

ハワイの鳥

エックスサーバーはとことんお得だよ! 費用を抑えるなら、エックスサーバーに決まり!

「Xserver(エックスサーバー)の無料ドメインは?」「1サーバーで複数サイトの運営もできる?」というかたへ。

エックスサーバーは、全プラン、無料でドメインを取得して使用でき、さらに、1サーバーで複数サイトの運営もできます。

エックスサーバーでブログを運営する私が、エックスサーバーのドメイン取得・設定方法をご紹介!


この記事を書いた人

・ウェブの初級資格を保有、PCインストラクター経験が少しあり
・ブログに本気で取り組む、A8アフィリエイトBASE(2020年)を1年間受講し学んだ
・賢威8 WordPress版を選び、挫折しないでブログを作成できた

エックスサーバーの無料ドメイン

Xserver(無料ドメイン)

出典:Xserver(エックスサーバー)公式サイト

ハワイの鳥

エックスサーバーなら、年間費用を安く抑えられるよ!

Xserver(エックスサーバー)は、ドメインを無料で取得し使用できて、かなりお得でした! キャンペーンなしでも、全プランで無料ドメインを取得し使えます。

無料ドメイン例は下記です。X10プランを契約し、独自ドメイン(人気の.comを選択)を無料で取得し、使用も永久無料になりました。

通常、他社サーバーでは、サーバー費用のほかにドメイン費用もかかりますよ!

  • X10プラン:キャンペーン時契約で、独自ドメイン使用が永久無料。
    1年無料ドメインも使用可
  • X20プラン:独自ドメインの使用が永久無料。1年無料ドメインも使用可
  • X30プラン:独自ドメインの使用が永久無料。1年無料ドメインも使用可
  • 永久無料ドメイン例:.com .net .org .biz .info .blogなど
  • 1年無料ドメイン例:.store .earth .online .space .site .groupなど

ドメイン取得と設定方法(無料ドメインの場合)

エックスサーバー(特典申込)

出典:Xserver(エックスサーバー

Xserver(エックスサーバー)の無料ドメインの取得と設定方法を図解します。まずは、申込特典無料ドメインを使えるかどうか、チェックをしてみましょう。次の手順で進めます。

  1. 無料ドメインを使えるか確認し、ドメインを取得する
  2. 取得した無料ドメインを、サーバーパネルに設定する

1. 無料ドメインを使えるか確認し、ドメインを取得する

エックスサーバー(特典申込)

出典:Xserver(エックスサーバー

エックスサーバーアカウントにログインし、「各種特典のお申し込み」をクリックします。

エックスサーバー(特典申込)

出典:Xserver(エックスサーバー

1年無料ドメインを例に図解します。永久無料ドメインを使える場合も、ここに表示されます。特典右の「この特典を使用する」ボタンをクリックします。

エックスサーバー(無料ドメイン取得)

出典:Xserver(エックスサーバー

ドメイン名に、希望のドメイン(url)を入力し、ドメインの種類を選んで、「検索する」ボタンをクリックしてみましょう。

ドメインは、迷ったら多くのサイトで使用されている、.com や.netがおすすめです。当ブログは.comにしました。

ポイント
ドメインはブログのurlです。あとで変更ができないので、考えて決めましょう。見てわかりやすい、短めのurlがベストです。ドメインを決めるポイントは次のとおり。当サイトは賢威の感想を紹介するサイトなので、「keni-review-blog」にしました。

  • ブログの内容を表す英語で、かつ上位表示したいキーワードを含めるのもよい
  • ブログ名をローマ字化したurlもよい(有名ブロガーのサイトに多い)
  • 日本語読みのローマ字もOK

エックスサーバー(無料ドメイン取得2)

出典:Xserver(エックスサーバー

取得可能なドメイン名が表示されます。取得したいドメイン名にチェックを入れます。

エックスサーバー(無料ドメイン申請)

出典:Xserver(エックスサーバー

選択したドメインの取得申請をする」ボタンをクリックすると、独自ドメインの取得が完了!

1年無料ドメインの場合は、「2年目以降は自動で更新する」にチェックを入れておくと安心ですね。

2. 取得した無料ドメインを、サーバーパネルに設定する

エックスサーバー(ドメイン設定)

出典:Xserver(エックスサーバー

つづいて、取得した無料ドメインを、Xserver(エックスサーバー)のサーバーパネルに設定します。サーバーパネルにログインし、「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバー(ドメイン設定2)

出典:Xserver(エックスサーバー

ドメイン設定追加」タブをクリックして開き、ドメイン名に取得したドメイン(urlのhttps://www.以下 例)keni-review-blog.com)を入力し、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

「以下のドメイン設定を追加しますか?」と表示されるので、右下の「追加する」ボタンをクリックすると設定が完了です。

エックスサーバー(ドメイン設定完了)

出典:Xserver(エックスサーバー

ドメイン設定が完了すると、「ドメイン設定一覧」タブに、図のようにドメイン名が表示されます。

ドメイン設定の反映には、数時間〜24時間かかります。エックスサーバーは、独自SSL化(https://から始まる、安全なurlにする)も無料で、自動で設定されますよ。

ドメイン取得と設定方法(有料ドメインの場合)

エックスサーバー(ドメイン申込)

出典:Xserver(エックスサーバー

ハワイの鳥

エックスサーバーは、ドメイン取得と設定が超簡単!

Xserver(エックスサーバー)のドメインを、有料で取得し設定する方法も図解しましょう。手順は次のとおりです。

  1. ドメインを取得する
  2. 取得したドメインを、サーバーパネルに設定する

1. ドメインを取得する

エックスサーバー(ドメイン取得)

出典:Xserver(エックスサーバー

まずは、Xserver(エックスサーバー)のアカウントにログインし、独自ドメイン(サイトのurl)を取得します。「ドメイン取得」をクリックします。

エックスサーバー(ドメイン申込)

出典:Xserver(エックスサーバー

エックスドメインのお申し込みページが表示されます。希望のurlを入力し、ドメインの種類を選びチェックを入れます。

当ブログのドメインは、広く使われている.comを選択しました。どれでもよいのですが、迷ったら、安価で馴染みがある.comや.netにしておくとよいでしょう。

エックスサーバー(ドメイン検索)

出典:Xserver(エックスサーバー

下の「ドメインを検索する」ボタンをクリックします。

エックスサーバー(ドメイン取得)

出典:Xserver(エックスサーバー

すでにほかに使われていない、取得できるドメインの場合、取得金額と更新金額が表示されます。

利用規約 個人情報に関する公表事項 に同意する」にチェックを入れ、「お申し込み内容の確認とお支払いへ進む」ボタンをクリックします。取得がNGの場合は、再度ドメイン候補を入力し、検索をしてみましょう。

エックスサーバー(ドメイン・支払い方法)

出典:Xserver(エックスサーバー

お支払い/請求書発行のページで、支払い方法を選択します。クレジットカード、銀行振込、ペイジーから選択します。

エックスサーバー(ドメイン・決済)

出典:Xserver(エックスサーバー

下の「決済画面へ進む」ボタンをクリックし、決済情報を入力、決済を完了します。

エックスサーバー(ドメイン設定)

出典:Xserver(エックスサーバー

2. 取得したドメインを、サーバーパネルに設定する

つづいて、取得したドメインを、Xserver(エックスサーバー)のサーバーパネルに設定します。サーバーパネルにログインし、「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバー(ドメイン設定2)

出典:Xserver(エックスサーバー

ドメイン設定追加」タブをクリックして開き、ドメイン名に取得したドメイン(urlのhttps://www.以下 例)keni-review-blog.com)を入力し、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

「以下のドメイン設定を追加しますか?」と表示されるので、右下の「追加する」ボタンをクリックすると設定が完了です。

エックスサーバー(ドメイン設定完了)

出典:Xserver(エックスサーバー

ドメイン設定が完了すると、「ドメイン設定一覧」タブに、図のようにドメイン名が表示されます。設定の反映には、数時間〜24時間かかります。少し時間をおいてから、urlをチェックしてみましょう。

エックスサーバーは複数サイトもOKの「マルチドメイン」

複数サイト運営イメージ

ハワイの鳥

1サーバー契約で、複数ブログも運営できる! ただし、1サーバー1ブログのほうが、リスクが小さくなるので安心だよ!

Xserver(エックスサーバー)は、1サーバー契約で、複数の独自ドメインを使える「マルチドメイン」。

ひとつのサーバーで、複数サイトを運営できます。設定できるドメイン数も無制限。費用を抑えて、複数ブログを運営するのにも適していますね!

ポイント
「ブログの運営は、1サーバー1ブログ」がベスト。
A8アフィリエイトBASEのセミナーを受講し、専門家による講義で知りました。

1サーバー1ブログのほうが、サーバー攻撃にあった場合のリスクを、最小限にすることができるので安心です。当ブログは、1サーバー複数サイトで運営しています。あとでサーバーを分けるのは、可能ですがたいへんです。

サブドメインの設定とSSL化も無料

サブドメインイメージ

ハワイの鳥

エックスサーバーは、サブドメインを安全なurlにする、SSL化も無料!

Xserver(エックスサーバー)は、サブドメインのurlをSSL化するのも無料! サブドメインとは、ドメインを異なる分野別に分けたドメインのこと。

下図のようにurlを分けることもできます。通常、サブドメインの使用は無料でも、urlのSSL化(https://から始まる安全なurlにする)は有料で高額。

エックスサーバーはサブドメインのSSL化も無料で、とことんユーザーメリットが大きいですね!

  • メインサイト:https://www.google.com/(Google公式サイト)
  • サブドメイン:https://search.google.com/(Googleサーチコンソール)
  • サブドメイン:https://accounts.google.com/(Googleアカウントの選択)

エックスサーバーはドメイン無料で複数サイトもOK

エックスサーバー公式サイト

出典:Xserver(エックスサーバー)公式サイト

ハワイの鳥

エックスサーバーは、複数のブログやアフィリエイトサイト運営にも適しているよ! ただし、万が一のリスクを小さくするなら、1サーバー1ブログがベスト!

Xserver(エックスサーバー)の無料ドメインと、通常の場合のドメイン取得・設定方法をご紹介しました。

エックスサーバーは、WordPressの表示速度も速く、WordPressサイトの運営に適しています。1サーバーで複数サイトも無制限で運営できるので、費用を抑えたい人にも適しています。


あわせて読みたい記事

エックスサーバー(Xserver)にしてよかった! エックスサーバーがおすすめの理由です。

ドメイン取得・設定後のWordPressインストール方法を図解しました。